Panna's Diary


by pannago

高校12年生は17歳

ざわつく、ものは食べる、音楽は聴く。ただでさえすごい高校生達、今日は教室に入ったら目を疑った。ハロウイーンはまだ、、、だよねえ?浮き輪を首から下げてる子、エルビスになってる子。ジーナな女の子。何やらフットボールのホームゲームがある週で、それを「ホーム・カミング」とかなんとか言って応援する週らしいのだけど、それはただの口実で、山車を作って学年で対抗したり、ダンスパーティーなどがあるらしい。一週間仮装も許されるそうな。うきうきモードはいいんだけど、、、、授業になりましぇん。でも、やることはやらないと点数がもらえないことはわかっているので、ふわふわと飛んで行くのを捕まえては読ませ、捕まえては訳させ、何とか終わる。グループ学習なんて、いつもに増してとんでもない。

最近わかってきたのが、高校生達はまだ落ち着きはないし、荒削りなんだけど、納得すると勉強するのである。問題解決能力はかなりある。指示をじっと待ってる子はほとんどいない。何かしなければならなくなると、それぞれがすごい勢いでそれぞれの考えで四方八方に飛び散っていくかんじ。誰もが自分が一番正しい、と信じてる。アメリカの高校生、おもしろーい。そして、先生にはひたすら合掌、、、。
そのうち飛び立つ補習校のはと(Taken By Taro)
[PR]
by pannaGO | 2004-10-22 09:05