Panna's Diary


by pannago

<   2005年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

オフィス。フルタイムで来始めた歯科医志望のエリーちゃん23歳。鈴が鳴るような声のきれいな子でもある。しかし、、、

間違いを指摘すると「一体誰がやったのかしら?ノーアイデア」(おめーだっ)

こうした方がいい、と言うと「あなたが言ってること、わからないわ。ノーアイデア」(わかろうとしないんだろーがっ)

調べる前に「一体全体これはナンなの?ノーアイデア!」とドクターと奥さんに走って騒ぎたてる。(おいおい、まずは良く見ろよー)

最近は言い方を変えることに。「一体誰がやったのか、さーっぱりわかんないんだけど、ここがこうなってる。これはこうした方がよかったよねえ、この人は。」

日本人が聴いたら、絶対いやみに聞こえるだろうな(笑)。ところが、これが一番エリーちゃんには利くのであります。次回からは直っています。

でも必ず最期にのたまうの。「知らなかったわ、そうなってたの。ノーアイデア」

はあ、、、、。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-30 15:31 | 文化

また宇宙

テックミュージアムのメンバーズ・イベント。アイマックスで、トム・ハンクスのお月様の映画を見てきました。

どうりで父ちゃんがわくわくしていると思ったら、10回目のスペースシャトルで初めて命綱なしで宇宙遊泳した宇宙飛行士、ブルース・マキャンドレスがコメンテーターで来ていたのです。質疑応答にも手を挙げて当ててもらった父ちゃん。興奮する父ちゃんに、「ダダ、子供みたいだあ、、、、」と飽きれる太郎。

すっかりおじいちゃんですが、とってもユーモアがあって、楽しい人でした。シャトルには小さい20個のものしか私物持ち込みはできなかった、とか、シャトルの中ではどうやって寝る、とか、話してくれました。

偶然にも、父ちゃんとお星様仲間であるボーイスカウトのスカウトマスターも前列に座っていて、多いに盛り上がりました。彼は太陽に興味がある人で、太陽用の望遠鏡を持っているのです。

ところで、テック。Game Onと題して危険地帯と化してます、、、。あたしもスペースインベーダーをウン十年ぶりにやってしまった(汗)。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-30 14:58 | 文化

不発弾

b0033458_149182.jpg

これはですね、ブラウニーの上にバニラスプレッドを接着剤にして、チョコレートクリスピーが乗っかってるもの。さくさく感をエンジョイしてもらう、っていうノリなんだけど、、、。

絶対売れないよ、という次郎の予想通り、今日の試食では、子供達誰も食いつかず。太郎と次郎だけがかなりムリして食べてくれました。

明日は正統派ブラウニーを売ることにします、、、すごすご、、。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-29 14:10 | 食べ物

かぼ・わが庭師作

b0033458_12291288.jpgお庭で採れた、とこんなかぼちゃをもらいました。食べるのもったいないー。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-28 12:30 | 草花木

フォンダン・ショコラ

以前ぱんだしゃんのブログで見てからずっと作りたかったけど、難しそうで作れなかった夢のまた夢、フォンダン・ショコラ

b0033458_1127050.jpg
インスタント、見つけちゃった♪


b0033458_11273476.jpg










出来ましたです~。ラズベリーと一緒に頂きました。はあ、満足、、、
[PR]
by pannaGO | 2005-09-27 11:27 | 食べ物

教え子はトラ年生まれ

この6歳児、なかなか手ごわい。
30秒も「じっとしていること」が出来ない。
しかし、親は日本語を習わせたい。レッスン2回目。

ナスは一瞬で穴だらけになり、きゅうりは頭から足が突き抜ける。(↓を彼の家でもやりましたの)。あいうえおスタンプは、開始30秒後、ゴムが擦り切れる寸前で救出。すぐいなくなる。お母さんはお菓子で釣る作戦に、、、。

ええい、お菓子を数えさせようか。いーち、にー、さーん、、、。あれ、お菓子と一緒にもういない、、、。

でも、憎めないのよね、彼。私のことは好きみたいで、「こんにちわ~」と走ってきてはハグハグするし。はあ、、、。

来週からは作戦変更。椅子に座らないでできることを考えよう。まずは縄跳び「大波小波」だっ。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-26 09:28 | 文化

お彼岸なので

b0033458_5314262.jpg
こんなものを作ったり、、、by 次郎

(でかい牛だなあ)


b0033458_53285.jpg





こんなものを作ったりしてみました。

(ミキサーではやっぱりうまく出来ないのう)
[PR]
by pannaGO | 2005-09-26 05:33 | 家族
初めてのお宅にお迎えに。そう、今日は久々のカラオケ。

以前太郎が送っていったことがあったので、彼の言うとおりの家の前で車を止めました。でもなあ、、、なんか日本人が住みそうな家じゃないなあ。ぼろんぼろん。

待ってるはずなのに、呼び鈴を鳴らしても出てこない。変だなあ、、、。

「でも、この家の前でさようなら、したもん。ドアを叩き続けるしかないよ、まむ」

というわけで、リズミカルにドアをとーんとんとん、とんとととん、と叩き続けること3分くらい。

とうとう、チェーンをはずす音が。はあ、やっと聞こえた。

b0033458_0202115.jpg出てきたのは、老眼鏡をかけたミムラ姉さん!!

怪訝な顔!うろたえて3歩下がりながらも、引っ込みがつかず

「ここはXOさんの家?」と聞くと、違うわよ、と。

ぎゃあ!「太郎、家間違えたっ!!」

ごめんなさん、ごめんなさい、ごめんなさーい、と後ずさりながら手を合わせる。笑ってるミムラ姉さん、、、。

家に戻って住所を確認。なんとその家の角を曲がったところでした。車も違うじゃないかいっ。

住所を持たずに出た私もおバカでした。



太郎の今日の日本文化ワンポイント・レッスン@アメリカ人ではありえないシリーズ。

日本人はこの先覚えにくだろうな、と思ったら子供に家の前までは送らせない。もうここでいいですよ、って角で別れる、、、ということがある。
[PR]
by pannaGO | 2005-09-24 00:29 | 家族

かえるの子はかえる

ミワーク・インディアンの体験型学習で、Tomales Bayに一泊修学旅行に出かけた次郎。

「寝袋、ボストンバック、必殺パワーランチ・梅干オニギリ」。

ボストンバックには、スキージャケットも入ってる。夜のビーチはくそ寒いからねえ。校門の旗のところに荷物を置いてから、クラスに集合。

次郎たち、作ったインディアンのコスチュームに着替えて、ミーティングをしてから出発。私はクラスで彼と別れて、裏門から仕事へ直行。

夕方4時。先に帰宅していた太郎が「学校から電話で、次郎の寝袋があるから、取りに来いって。僕行ってくる。」

そして太郎が持って帰ってきたものは、、、、

「寝袋、ボストンバック、必殺パワーランチ・梅干オニギリ。」

うわああ!そんな、、、ばなな、、、

今晩はビーチの砂の上で、テントなしで、寝るんざますのよ、彼等。

こんな大馬鹿モノ、誰が産んだ??

あたしだ、、、。しょーがないか。
まあ、ワイルドにやっていただきましょう、、、。

b0033458_8514789.jpg

                    (イワーク・アドベンチャー)
[PR]
by pannaGO | 2005-09-23 08:49 | 家族

Dream Works見学・その2

b0033458_0265849.jpg
これがキャラクター・アニメ部門の部長さんの部屋。8畳間にソファ、コンピューター2台(これでいろんなものを見せてくれた)、天井からはタコ。鉄人28号の人形もあったよー。

カフェテリアに彼と娘さんの写真が入った町の新聞が。

恥ずかしそう(これがいいっ!絶対アメリカ人じゃないな、と思ったら、カナダ出身。ふふふ、、)ケーキを切りながら(そう!カフェテリアで、自分が家から持ってきた美味しいアップルケーキを皆にご馳走してくれたのです)に語るには、、、。

彼、プロジェクトが始まったとき、頭を丸めたのだそうな。そして終わるまで3年くらいの間、ずっと伸ばしたら、肩までになった。マダガスカルの映画にちなんで、絶滅しかかってるマダガスカルの動物達を救うために、何かしたい、と今小学校3年になる娘さん。部門の人たちに言ったそうな。

「お父さんの頭、好きなようにカットしていい。ただし、動物のための寄付金を頂戴。お父さんはその髪型のまま、24時間過ごさなくちゃいけない」と。

喜んだのは、20人くらいいるのかな、部門のスタッフ。それはそれは奇想天外な髪型にして、みんなで笑いものにしてくれたそうな。楽しい思い出になったよ、とにっこりするお父さん。

ツアーの間も、彼が何度も言及するは、隠れた縁の下の力持ちスタッフの努力とその作品。映画には一瞬しか出てこない図のために、作られたセット。ちゃんと大きなケースに入れて展示してある。パッチワークにしても、彼は本当にあったかい人だなあ。

話すときも一人一人の目を見渡しながら、隙がないし、帰りは玄関のドアのところでいつまでも手を振って見送っていたのでした。自分の成功については、はにかんで「僕はたまたま時代の波に乗れて、運がよかっただけ」。あの人が作る映画なら、間違いなしっ。

見学をして思ったこと。この会社の映画の成功はチームワークの賜物以外の何者でもない。財産は「ひと」。一人一人が夢を持ってる。それを束ねて一つにするマネージメントの力量は、とにかく、すごいもんだあ。

ちなみに、マダガスカルのチンパンジーが出てくる場面は全部彼が作ったそうな。あ、そうそう、部門に日本人アニメーターがいる、と。名前を聞いてびっくり!知り合いでした。(学生でコンピューターグラフィックを勉強していたのは知ってたけど、、立派になったのう、、、がんばれよー)


b0033458_046826.jpg

シュレックでもらったオスカー(玄関先に飾るか?)。

お土産もたーくさん頂きました。(DVD,マダガスカルのポスター、人形達、キング・ジュリアンの頭飾り、ペンギンの帽子などなど。)
[PR]
by pannaGO | 2005-09-22 00:29 | 文化